表参道・とんかつ志味津、駅徒歩3秒でタイムスリップ

たまに食べたくなる贅沢な食べ物ってありますよね。僕の場合、とんかつと寿司。先日は、表参道にある、とんかつ志味津さんに行きました。

表参道駅B2出口から徒歩3秒といった超好立地。古めかしい店構えが、キラキラしていて若々しい表参道には、なんとなく場違いで、つい気になってしまいます。今回も、仕事帰りで駅に向かう途中、思わず立ち寄ってしまいました。入口にある、メニューや食品サンプルなんかも、レトロ感があって素敵ですね。

お店に入ると、ご夫婦が迎えてくれて、地下に案内されます。なるほど、1階がレジ兼厨房で、地下が席になっているみたいです。1階の細長い通路を抜けて、階段を地下に下るにつれてタイムスリップしていく感覚があります。表参道駅どまんまえという賑やかな場所から数秒はいっただけで、こんな場所にこれるなんて。


お店には、サラリーマン風の男性2人組と、女性1人の2組がいました。8組くらいは入れそうな意外とゆとりのある客席。洞穴みたいで大変落ち着きます。店内にはアメリカの昔の音楽?が流れていて、和ではなく洋な雰囲気です。この空気感で念願のとんかつ食べれるのは、なんだか楽しみ。


注文したのは、サービスカツ定食(1100円)。表参道にしては、安い気がします。ディナータイムでも、この価格なのはありがたい。カツカレー、豚しゃぶ、しょうが焼きなど、メニューはとても豊富でした。

ほどなくして定食登場。山盛りのキャベツがたまらないです。まずはドレッシングで野菜から。カツは、テーブル上のつぼに入っているオリジナルっぽいソースをかけて食べるスタイルです。美味。王道なトンカツ定食でした。味噌汁もとてもおいしい。

食べていると、学生風の男性が何組か入ってきて、賑わい出しました。ご夫婦の2名でまわしてるみたいだったので、なかなか大変そう。仕事帰りにふらっと立ち寄った、とんかつしみずさん、とても満足でした。

会計の際、クレジット使えません、現金のみです、と書かれた紙がレジの台に張ってあり、このキャッシュレス時代にあらがう感じが店のレトロな雰囲気とあっているので、逆に好感をもてました。

店を出ると、表参道の喧騒に戻ります。現実に引き戻された感。プチタイムスリップな夕食タイムでした。それにしても、駅近っ!