雲海の竹田城。「日本のマチュピチュ」「天空の城」と評される絶景を立雲峡で見る

兵庫県朝来市に位置する竹田城。近年人気の出た観光地のひとつです。CMで知った人も多いのではないでしょうか。

Google モバイル:さがそう。「冬のお出かけ」関西篇

こんな所が日本にあるんだ!って感じですよね。ぜひ訪れて自分の目で見てみたいとなるはずです。

雲に浮かぶ竹田城の風景は、竹田城址から数キロ離れた「立雲峡」から見られます。当たり前ですが、竹田城内では竹田城の景色は見られません。竹田城跡では自分が雲に浮かんでいるような感覚を味わえるみたいですね。両方行ってみるのがベストかも。

第一展望台からの風景

第一展望台からの風景

立雲峡へのアクセス。展望台への所要時間

もちろん竹田城跡自体も大人気スポットです。しかし、ここでは「立雲峡」を紹介します。まずはアクセス。

所在地:兵庫県朝来市和田山町竹田
■JR播但線 竹田駅 徒歩45分 またはタクシー10分
■北近畿豊岡自動車道・播但連絡道路和田山IC 車で10分
施設:駐車場(24時間開放、桜祭りの時期(4月頃)のみ有料 [普通車:300円、バス1000円])
トイレ(駐車場脇)

竹田城を眺める展望台には駐車場から歩くことになります。最も高い場所にある「第一展望台」をはじめ、展望台は3箇所あります。

・第一展望台 – 駐車場から徒歩約40分。竹田城を見下ろす位置。どうせならここまで登りたいです。
・第二展望台 – 駐車場から徒歩約20分。竹田城とほぼ同じ高さ。体力に自信がないなら十分かも。
・第三展望台 – 駐車場から徒歩約5分。

結構、ガチ登山します。特に、第二〜第三の道は険しかった印象。タオルや水はマストです。着替えも持っているといいかもですね。

雲海は微妙ですが第二展望台(たぶん)からの風景。第一展望台からの写真と比較してみてください

雲海は微妙ですが第二展望台(たぶん)からの風景。第一展望台からの写真と比較してみてください

雲海の見れる時期・時間は?

雲海が見られるのは、9〜11月の明け方といわれています。城周辺の深い霧は近くを流れる円山川から立ち上るもので、「昼夜の激しい寒暖差」という紅葉と同様の条件のもと発生します。そのため、時期は秋、特に晩秋がベストです。また、時間は明け方なので、日の出時刻に合わせて出発するのがいいでしょう。登山時は暗いので懐中電灯を忘れずに。

竹田城跡雲海予報 β|朝ツイ-asatwi-
Twitterで兵庫県朝来市を盛り上げようと活動している朝ツイ(asatwi)のWebサイトです。

このようなサイトも参考になるかもしれませんね。しかし、自然現象ですから確実に絶景を拝めるとは限りません。こればかりは運ですが、だからこそ見れた時の感動はひとしおです。素敵な風景を見られるよう、幸運をお祈りします。

明け方から多くのカメラマンでにぎわう人気スポットです

明け方から多くのカメラマンでにぎわう人気スポットです

 

●参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E9%9B%B2%E5%B3%A1
http://trend-news-today.com/2518.html

【PR】旅好き必見のポイントサイト「すぐたま」【特典案内中】
旅行準備ついでにポイントをゆるく貯めよう

ポイントサイト「すぐたま」は、旅好きにおすすめ。国内外の宿泊や交通チケットの予約ができる機能「すぐたまトラベル」では、日程から複数サイトの一括検索ができて便利です。
予約ついでにポイントが貯まるので、旅行によく行く人も、たまに行く人も登録しておいて損はないと思います。ポイント獲得に必死になることなく、ゆるく貯めることが可能です。
登録はもちろん無料。下記ボタンから入会すると、特典として300円相当のポイントが手に入ります!

Travel
スポンサーリンク
フォローする
third.jp