わたらせ渓谷鉄道 – 温泉、鉄道レストラン、トロッコ。清流の観光路線【鉄道図鑑】

概要

旧国鉄足尾線を引き継いだ「わたらせ渓谷鐵道」は、桐生駅と間藤駅間44.1キロを営業運転している路線です。映画撮影やテレビドラマのロケ地にもなっており、数多くの作品に登場しています。

ホームに温泉

水沢駅には、駅のホームから入れる水沢駅温泉センターがあり、ゆっくりと旅の疲れが癒せる名所として有名です。このセンターでしか食べられない駅弁・泉弁も予約販売され、人気を集めています。間藤駅をはじめ、沿線にはハイキングを楽しめるコースが用意され、以前は銅の製煉をした足尾製煉所などを巡るコースもあります。

トロッコ号や車両を使ったレストラン

運転日は不定期ですが、冬期間を除き窓のない車両で渓谷の景色を楽しめるトロッコ列車が目玉になっています。わたらせ渓谷号とわっしー号の二種類がありますが、予約で整理券を発売しています。他に神戸駅(かんべ)駅構内には昔懐かしい東武鉄道けごん号の引退車両を使用した「レストラン清流」があり、鉄道ファンの人気を集めています。

わたらせ渓谷鐵道株式会社(公式サイト)|Watarase Keikoku Railway Co.,Ltd.
わたらせ渓谷鐵道株式会社公式サイトです。わたらせ渓谷鐵道(通称、“わ鐵”)は、群馬県桐生市と栃木県日光市足尾町を結ぶローカル線です。渡良瀬川に沿って山あいを蛇行しながら走るトロッコ列車に乗って、吹き込む風を全身で受けながら、自然の織りなす美しい景色をお楽しみください。
Travel
スポンサーリンク
third.jp