水島臨海鉄道 – 倉敷市民の足となる地域密着路線【鉄道図鑑】

概要

水島臨海鉄道は、美観地区として有名な倉敷市駅から三菱自工前駅までの距離10.4キロを約20分で結びます。旧国鉄から第三セクター方式として継承され、昭和45年2月に設立されました。

旅客と貨物事業の両立

旅客輸送を安全に行うことはもちろんですが、コンテナによって安心して安全、確実に荷物を輸送する貨物事業にも注力しています。一般的なトラック輸送に比べ大幅にCO2排出量を削減できるのも特徴。終点には大手企業の工場があるため、通勤路線としても地元住民の暮らしを支えています。

ディーゼルカーが走る短いローカル線

旧国鉄からの転属車両であるキハ37や38を中心に、全て非電化ディーゼルカーで運行されており、国鉄色で運行している車両は鉄道ファンに人気。一方、貨物事業用としてはDD13気動車が利用されています。

水島臨海鉄道株式会社
地域に密着した公共交通機関の使命を全うしている水島臨海鉄道は、水島地域と倉敷市の中心部を約20分間で結ぶ最も便利な交通機関として重要な役割を果たしています。当社では、年間160万人のお客様にご利用いただいています。
【PR】旅好き必見のポイントサイト「すぐたま」【特典案内中】
旅行準備ついでにポイントをゆるく貯めよう

ポイントサイト「すぐたま」は、旅好きにおすすめ。国内外の宿泊や交通チケットの予約ができる機能「すぐたまトラベル」では、日程から複数サイトの一括検索ができて便利です。
予約ついでにポイントが貯まるので、旅行によく行く人も、たまに行く人も登録しておいて損はないと思います。ポイント獲得に必死になることなく、ゆるく貯めることが可能です。
登録はもちろん無料。下記ボタンから入会すると、特典として300円相当のポイントが手に入ります!

Local
スポンサーリンク
フォローする
third.jp