一体型Bluetoothイヤホンをなくしたので、ヘッドフォン型と独立型を買ってみた

先日Bluetoothイヤホンをなくしまして、ショックを受けてたのですが、懲りずにまた入手してしまいました。それも2種類。ヘッドフォンと独立型です。なくしたのは両耳つながっている一体型タイプでした。なので、一体型タイプと比較しつつ、両者のメリットを論じてなくした憂さ晴らしをしたいと思います。

▼なくした時の記事
http://third.jp/2018/06/03/bluetooth-earphone/

スポンサーリンク
1

個人的におすすめ。ヘッドフォンタイプ


音質 ★★★
バッテリーもち ★★★
携帯性 ★

SoundPEATS A2という製品を買いました。選んだポイントとしては、有線対応である点が大きいです。Bluetoothイヤホンを利用していて、充電を気にしないといけないというのは地味にストレスでした。有線対応であれば、無線である必要のない状況ではケーブル接続を利用することもできます。バッテリー消耗もありません。自宅のパソコンで利用する時などは、Bluetooth接続のステップを踏むよりも、ケーブルつなげたほうが早いですしね。あと、そもそもですが、ヘッドフォンタイプはバッテリー容量も大きいためか、Bluetooth利用時のバッテリー持ちもいいです。そのため、充電気になる問題の解消については満点でした。

ヘッドフォンということで、スピーカーも大きく音質も満足。デメリットといえば、外出時かばんに入れる際にかさばるくらい。特に、今回買った製品は折り畳みとかできないので、結構かさばります、、、。が、全体的には満足度が高く、大変おすすめです。

小さい!かっこいい!独立タイプ


音質 ★★
バッテリーもち ★
携帯性 ★★★

中華製のイヤホンを買いました。お値段なんと3000円代。安すぎます。でも、コスパよし。とにかく独立型を使ってみたい人には全力でおすすめできます。独立タイプはなんといってもスマートですよね。装着時も存在感を感じさせないです。充電ケースもポケットサイズでコンパクト。ただ、コンビニのレジなど、音楽を聞いている途中でちょっとはずしたいときは不便。マグネットでペタッとして首かけたり、ヘッドフォンを首にかけたり、といった形ではなく両方からはずしてポケットにいれなければいけないので、なくしそうです。まあ、些細なところなんですがね。あとは、充電はやっぱヘッドフォンと併用しているとなくなるの早いなと思ってしまいます。でも、これは併用しているメリットですが、なくなっているのに気づいたらヘッドフォンを持っていけばいいんですよね笑 ということで、独立タイプの携帯性は大きな武器であり、荷物少なくふらっと出掛けたいときにはこちらを使っています。

てな感じで、2種のイヤホンが音楽ライフを盛り上げてくれています。今度はなくさないようにしたいです!!

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
トップへ戻る