富津の温泉施設・金谷ステーションに併設された素敵空間「石の舎カフェ」【カフェ訪問記】

あけましておめでとうございます。

新年の挨拶が1月最後の日になってしまいました。もっと更新頻度あげたいです。

さて、今更の2018年初投稿は「カフェ訪問記」。千葉県、内房の富津市にある「金谷ステーション」内のカフェ「石の舎カフェ」に行ってまいりました。

金谷ステーションは、”総合観光インフォメーションセンター”をうたう複合施設。2017年3月に旅館をリノベーションして誕生しました。宿泊施設、温泉、お土産やさんなどがあります。

外観

外観

施設内にはカフェ「石の舎カフェ」もあります。この辺は石の街で知られており、近くにある鋸山(のこぎりやま)は石の採掘場として長い歴史をもちます。ロープウェーで行ける約300m強の山頂からは東京湾が望めるほか、石切り場跡の垂直に切り立った岩壁も有名です。同カフェも石にちなんだ店名になっているうえ、店内には石自体や採掘の様子がわかる写真といった展示もあります。

石の展示

石の展示

リノベして1年未満ということもあり、インテリアも今時で洗練されています。ちょうど入った時期が夕暮れ時だったので、おしゃれな内装の店内に夕日が差し込み、フォトジェニックな感じになっていました。

imgp5650 imgp5648 imgp5651 imgp5658

アイスココアを注文したのですが、店員さんのご好意で、地元の名物・見波亭のバウムクーヘンも少しつけていただきました。ありがとうございます!

imgp5655 imgp5656 imgp5657

ココアもバウムクーヘンも甘くて美味しかったです。(甘い×甘いでしたが)たまにはコーヒー以外が飲みたくなる時もありますからねー。カフェに入ると8割方はコーヒー頼みますが、2割程度はその他の気になったドリンクにします。(ココア、バナナジュース、ヨーグルトドリンク、紅茶などなど)

店員さんに「東京から電車で来ました!」といったら、「東京からだと京浜急行+フェリー(久里浜ー富津)の方が若干安いよ」と教えていただけました。フェリーに乗れる、という付加価値も考えればアリだったかもしれません、、、。

店員さんと気軽に話せましたし、店内の展示も楽しかったです。こういう観光地のカフェっていいですね。

素敵な港町のカフェでした!

▼金谷ステーション公式WEBサイト

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る