濡れた面が内側になる傘「KAZbrella」

イギリス発の特許技術を用いた傘「KAZbrella(カズブレラ)」が動画ショッピングサイト「DISCOVER」にて発売しました。

スポンサーリンク
1

逆開きで濡れてない面が外側に

KAZbrellaの特徴はなんといっても「内側に開く」こと。特許取得済みのリバースオープニングフレームとテンションテクノロジーを備えており、傘を閉じた際、雨にあたっていた面が内側に折りたたまれ、濡れていない状態で持ち運べます。

とても面白い構造をしていますよね。動画でみるとよりわかりやすいかも。

高品質の材料を使用

材料には、航空機で使用する同質のアルミシャフト、軽量のグラスファイバースポークなど、高品質のものを使用。通気性の良い素材で作られたプレミアムダブルキャノピーには、撥水性コーティングが施されており、雨粒を弾いてくれます。寸法は、直径104cm、長さ92cm、重さ620gです。

梅雨の時期のだるさって、かさばる傘を持っていかないといけないことも大きな理由だと思います。電車やお店などの室内では片手に持ちながらってことになるので、水滴がついていると周りに迷惑だったりもします。そんな時に利便性とデザイン性を備えたKAZbrellaのような傘を持っていると、実用的にも気分的にも梅雨の憂鬱が和らぎそうです。

プレスリリース

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る