こういうの待ってた。「アナザーエデン」が示すスマホゲームの方向性

another-eden

4月12日にリリースされたスマホRPG「アナザーエデン 時空を超える猫」(略称アナデン)。僕が見た時にはAppStoreの総合ランキングで2位(4/18時点)になっていて、とても話題作のようです。

普段スマホでゲームをあまりしないんですが、公式ページやメディアの記事を見ていると、アナザーエデンはいわゆる”ソシャゲ”とは毛色が違う様子。ソシャゲおなじみのガチャシステムはあるものの、アナザーエデンは”シングルプレイ専用”のRPGです。他のユーザーと絡むことがないので、集中して物語と向き合えます。思わずダウンロードしてしまいました。

スポンサーリンク
1

とにかくハイクオリティ

向き合うことになる物語は、超本格派の重厚なストーリー。シナリオ・演出を担当するのは名作「クロノ・トリガー」を手がけた加藤正人氏。同作の音楽を作った光田康典氏はメインテーマを担当します。音楽も去ることながら、ストーリー中に入るムービーが美しいです。久々にスマホでRPGをプレイしたってのもありますが、スマホゲームのグラフィックもここまできたかと驚きました。キャラクターの声優さんも豪華で、有名どころだと、主人公の妹フィーネ役に、あの花のめんま役で知られる茅野愛衣さん、アンドロイドのリィカ役に釘宮理恵さん、などなどです。とにかく豪華。これが無料でできるのか、、、。

あの頃を思い出す

僕は20代なんですが、小学生や中学生の時は、ゲームボーイやプレステでポケモン、ドラクエ、FFなど、色んなRPGをプレイしました。今では携帯ゲーム機や家庭用ゲーム機でRPGをプレイする機会はすっかりありません。3年前くらいにスマホで有料アプリとして提供されていた、ドラクエ5をプレイしました。往年の名作がスマホでできるんだと感動しましたね。同じような感動がアナザーエデンにもあります。こんな大作RPGが片手サイズの端末で、いつでもどこでもできるのは嬉しい限りです。

ソシャゲが苦手な人にも

基本的にスマホゲームはあまりしない派です。スマホゲームを一括りにして語るのは無理があると思いますが、スマホ上で動く人気ゲームは「手軽さ」「イベント」「フレンド」あたりが共通のキーワードになっている気がします。スマホは常に携帯しているものですから、スマホゲームはちょっとした暇つぶしにもってこいです。運営が積極的にイベントを企画したり、フレンド機能で複数人プレイできたり、ユーザーを飽きさせない工夫もあります。このあたりは、通信端末上で動作するスマホゲームならでは。ただ、これらの要素は「内容が薄い」「せわしない」「通信料金かかる」といった悪い点にもつながってきます。あと、「基本は無料だけど課金しなきゃ辛いんでしょ?」みたいなイメージもありますね。そんな理屈で僕は、いわゆる「ソシャゲ」に否定的な立場なんです。

一方、アナザーエデンは、人気スマホゲームの主流とは一線を画す、シングルプレイ専用の本格RPGです。ソシャゲが「苦手」「嫌い」という人にも自信を持ってお勧めできます。この記事では一切内容に触れないので、気になる方は是非プレイして見てください(笑)

僕も最近はじめたばかりですが、久々に大作ゲームに取り組める喜びでいっぱいです。今後アナザーエデンのようなスマホゲームが増えてくれるといいなと思います。

公式:https://another-eden.jp/

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
トップへ戻る