できたてターキッシュサンドが看板商品。モトマチコーヒーアンドブレッド富士川SA店

注文後に調理される熱々の「石窯ターキッシュサンド」を食べられる新たなカフェチェーン「Motomachi COFFEE&BREAD(モトマチ コーヒーアンドブレッド)」が2月23日、富士川サービスエリア上り線内にオープンしました。

看板商品の石窯ターキッシュサンドは、元々はトルコで食べられ、オーストラリアに広まった食事用パン「ターキッシュブレッド」を使用したホットサンドです。店頭の特殊スチームオーブンで焼き上げる同店のターキッシュブレッドは、外はカリッとした食感でありながら、中は芳醇でしっとりとした優しいパンの味わいが楽しめるとしています。注文後に調理を開始する”オーダー式”を採用しており、野菜やハム、モッツァレラなどと自由に組み合わせて食べられるようです。

Motomachi COFFEE&BREADは、株式会社スイートスタイルが運営するベーカリー専門店「麻布十番モンタボー」と珈琲専門店「元町珈琲」のノウハウを踏襲した新ブランドチェーン。今回オープンするモデル店「富士川サービスエリア店」では、客席テラスから富士山を一望することができます。

珈琲専門店の運営実績による本格コーヒーも魅力。絶景を眺めながら、美味しいホットサンドとコーヒーを味わいたいものです。

【店舗概要】
Motomachi COFFEE&BREAD(モトマチ コーヒー&ブレッド) モデル店
住所:〒421-3305 静岡県富士市岩淵字北吉野1500番地 富士川サービスエリア上り線内
時間:7:00~20:00
HP: http://mont-thabor.jp/map/?p=122

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る