受験会場でのイライラ要因No.1は「貧乏ゆすり」

緊張とイライラをテーマにした情報サイト「緊張・イライラ LABO」の事務局は23日、「イライラする試験会場の環境」に関するアンケートの調査結果を公開しました。

男女600人を対象に実施した調査の結果、最もイライラするのは「貧乏ゆすり(46.2%)」、次に「しきりに鼻水をすする音(28.8%)」、3番目は「文字の書きにくい机(26.5%)」だったそうです。

1位、2位は他の受験生が要因となっています。確かに貧乏ゆすりややたら鼻水かむ人いましたねえ。鼻水に関しては、風邪のシーズンだし仕方ない部分はあるけれど、、、。

同コンテンツにて、精神科医・奥田弘美氏は「貧乏ゆすりは下半身の血行改善や脳のストレス解消といった健康に良い効果がありますが、音や振動などで他人に対して迷惑がかからないように注意が必要です」といっています。

健康に良い効果があるとは意外。一人で机に向かって受験勉強している時ならいいのかも。ただ、クセになって試験本番に行うのはNGですね。

受験生のみなさん、受験会場での貧乏ゆすりはやめましょう。受験シーズン本番を迎え、ストレスフルな日々を送っていると思いますが健闘をお祈りします。

http://www.kinchoiraira-labo.com/survey

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
トップへ戻る