新年のご挨拶。2017年の編集方針など

eto_tori_shinnen_aisatsu

あけましておめでとうございます。今年もThird.jpをよろしくお願いいたします。

年明けの瞬間みなさまはどうお過ごしでしたか?ぼくはダラダラとゆく年くる年をみていました。子供の頃は大晦日の夜更かしが楽しく、年明けまでの時間も待ち遠しく長く感じていましたが、年々その感覚は薄れていますね。これも、ジェネーの法則ってやつでしょうか。(昨年末の記事で同法則について書きました)
http://third.jp/2016/12/26/janet-law/

昨年2016年は、Third.jpにとってはじめて1年を通して運営した年となりました。2015年5月に更新を開始しているので、今年5月に2周年を迎えることになります。

Third.jpは、ほとんどの記事を私、Mintoが書いています。一部記事は外部のライターさんにお願いしています。今年も編集長(Webマガジンを謳っているのでそう名乗らせてください笑)であるMintoの個人ブログのような雰囲気になりつつも、ニュースリリースやまとめ系記事も積極的に取り入れ、読者に”ゆるく生きる”エッセンスを提供していきたいです。

具体的には、これまでの実績も踏まえ、月10〜30記事、週2、3回程度更新できればと思います。また、まとめなどのストック系記事とニュースなどのフロー系記事の比率が半々くらいになることも意識していきたいです。

更新する側の新年の決意表明としても、この記事を書かせていただきました。今年も何卒、よろしくお願いいたします。

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る