2016年の世界遺産ニュース – せかけん受験記⑥

受験票も届き世界遺産検定もいよいよ今週です。やばいやばい。

改めて過去問みると時事ネタが多いんですよね。直近で登録された日本の遺産だったり、直近の世界遺産委員会や委員国についてだったり。

というわけで、2016年の世界遺産に関するニュースを調べてみました。試験対策になりそうなものから、興味で選んだものまで、トピックごとに紹介していきます。

スポンサーリンク
1

第40回世界遺産委員会

毎年夏に開催される世界遺産委員会。今年の議長国はトルコで、開催地はトルコ・イスタンブールでした。以下、Wikipediaからの引用ですが、この辺を最低限把握しとくといいかもです。

当初は7月10日から7月20日にイスタンブールのイスタンブール・コングレス・センターでのみ開催される予定だったが、会期中に勃発したクーデター未遂事件が原因で7月16日の会議は中止され、翌17日の会議でイスタンブールでの会議は終了となった。残る議事は同年10月24日から26日にパリのユネスコ本部で開催された会議で取り扱われた。

この世界遺産委員会の会場は文化遺産12件、自然遺産6件、複合遺産3件の計21件が登録された結果、世界遺産リスト登録物件の総数は1,052件となった。従来世界遺産を保有していなかった国の中では、ミクロネシア連邦とアンティグア・バーブーダが保有国の仲間入りをした。

クーデターは直接、世界遺産に関係ないのですが、国際的な集まりって常にこういうリスクありますよね。東京オリンピックとか心配です。

この会議では、日本から「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」という新たな文化遺産が登録されました。フランス、スイス、ベルギー、ドイツ、アルゼンチン、インド、日本の7カ国にまたがったトランスバウンダリーサイトです。同遺産の登録については、Third.jpでも便乗して記事を書きました。

なお、次回の第41回世界遺産委員会は2017年7月、ポーランド・クラクフで開催される予定です。

国立西洋美術館だけじゃない!近現代建築の世界遺産 – せかけん受験記③
国立西洋美術館だけじゃない!近現代建築の世界遺産 – せかけん受験記③
世界遺産検定2級の合格を目指す同企画は3回目。公式テキストを使って世界遺産を紹介していきます。 ...
国をまたぐ世界遺産「トランスバウンダリーサイト」 - せかけん受験記④
国をまたぐ世界遺産「トランスバウンダリーサイト」 - せかけん受験記④
予告した通り今回のテーマは「トランスバウンダリーサイト」。国境を超え複数国にまたがる世界遺産のことで...

(参考)
第40回世界遺産委員会 – Wikipedia

国立西洋美術館本館が世界遺産へ ユネスコ諮問機関勧告:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ5B6KBWJ5BUCVL01S.html

原爆ドームと厳島神社、世界遺産20年

12月7日、登録から節目となる20年を迎えました。原爆ドームは老朽化が進み、どう保存していくかが課題になっています。また、12月ということで原爆ドーム周囲の樹木もイルミネーションで装飾されているようですが、それが物議を醸しているというニュースも。負の遺産である原爆ドームですから、一部から「けしからん」という意見が挙がるのも納得できます。

(参考)
原爆ドーム 世界遺産20年 今後の保存方法が課題 | NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161207/k10010797591000.html

原爆ドームと厳島神社、世界遺産登録20年 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20161207-OYO1T50018.html

ニュース交差点:話題 原爆ドーム、世界遺産登録20年 電飾に市民から疑問の声 – 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20161208/kei/00s/00s/013000c

山・鉾・屋台行事、無形文化遺産に

せかけんの過去問では、無形文化遺産に関する出題もありました。山・鉾・屋台行事は、青森県から大分県に至る18府県の「山・鉾・屋台行事」計33件からなる無形文化遺産。日本各地のまつりが世界に評価されたと思うと嬉しい限りです。

(参考)
山・鉾・屋台行事、無形文化遺産に登録決定 ユネスコ:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJD10P5GJCZUCLV01B.html

長崎の教会群、2018年の世界文化遺産候補に

世界遺産登録には遺産保有国から推薦が必要です。今年7月の段階で日本は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を2018年の世界文化遺産候補に決定したそう。8月には当初「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」にしていた遺産名称を「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に変更するというニュースがありました。2017年2月1日までに正式な推薦書を提出することになります。ちなみに2017年の登録候補には福岡の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」がすでに推薦されています。

(参考)
「長崎の教会群」推薦決定 文化審、18年世界遺産候補  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H99_V20C16A7000000/

長崎の世界遺産候補が「潜伏キリシタン遺産」に名称変更へ 「隠れキリシタン」と何が違うの?
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/30/nagasaki_n_11772812.html

せかけん受験記は受験前ラストの更新となります。次回は受験後に「受けてみた感想」や「勉強法」などを書き、企画を総括する予定です。また来週あたりに書きます!

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る