オタク向けバー「ニコバー」、今年もクリスマスイブのリア充に制裁【ニュース】

オタク向けのダイニングバー「ニコバー」では、2016年12月24日に来店したカップルは料金が“2割増し”になる企画「カップル割増」を実施します。実施店舗は、札幌店、新宿店、町田店、上野店、池袋店、名古屋店、難波店、道頓堀店、梅田店、天神店の全国10店舗です。

ニコバーは、2009年に札幌・すすきのでオープンしたダイニングバー。店内の大型モニターで動画を見ながら料理とお酒を堪能でき、店内のパソコンから選んだ好きな動画を店中に流すこともできます。創業当初より独り身のクリスマスを守るため、毎年クリスマスイブの「カップル割増」を実施しているそう。

前年までの企画の反響については「当日にカップルで来られる方は毎年ほとんどいませんが、クリスマスまでに恋人ができた方があえて2割増しの料金を払うために来店される方や、ニコバーのお客さん同士でカップルになった方は記念にこの日に来られることもあります」と述べています。また、「中にはカップル割増をされたいがためにクリスマスイブの直前に交際をし、当日誇らしげに2割増しをお支払いになられましたが、後日談ではクリスマスイブの2日後に交際を終えられたというエピソードもありました」なんてこともあったようです(笑)

同企画においては、割増し対象カップルの条件が明確に定められています。恋人以外も以下の関係が当てはまるそう。

・ご夫婦
・浮気相手
・ご来店時は付き合っていなかったが、ニコバー内でクリスマス告白をし、お会計前までに晴れてカップルになった恋人
・同性同士の恋人
・後で恋人が駆けつけて来た(この場合もお二人分全額2割増となります)
・大人数での飲み会のうち交際している恋人2名様分

また、「男女の友達」「元カレ元カノ同士」は対象外のようです。

これだと本当は恋人同士であっても「友達なんで」といえば割増は回避できるのでは?(笑)てか、イブに男女2人という時点で「恋人」もしくは「これから恋人」だと思うのですが。「男女の友達」はこの日に付き合う、「元カレ元カノ同士」はヨリを戻す確率が高い気がします。

当日、店員と来店客はどういうやりとりをするのでしょうか?

店員「いらっしゃいませ。おや、男女2名様ですね。失礼ですがお二人様は恋人同士ですか?」
来店客「いや、ただの友達です」
店員「ダウト」

みたいな感じで目の肥えた店員が見極めるシステムなんですかね?なんか、その辺に興味がいってしまいます。少し行ってみたいですねえ(笑)

https://www.atpress.ne.jp/news/117187

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る