セブンでアイスコーヒーの氷カップが売り切れだった話【コラム】

完全にくだらない日記ですがたまにはこんなのもいいと思うので書きます。明日10月1日がコーヒーの日ということで、一応コーヒーネタ。

昨日、夕飯を食べたあと、コーヒーが飲みたくなったのでセブンイレブンに行きました。セブンのアイスコーヒーはご存知の通り、店内の冷凍庫にある氷入りカップをレジに持っていき、会計後にマシンを使ってセルフでコーヒーを入れます。今回、冷凍庫を見るとカフェラテのカップしかありません。店員さんに確認したところ在庫もないらしく、売り切れですねと言われてしまいました。

コーヒーを売っている場所は多くのあれど、安くて質の高いセブンのコーヒーを気にいっていたので落胆。仕方ないと思う一方、何かがモヤモヤして納得いきません。きっと、コーヒーマシンに豆は入っているだろうし、コーヒー自体はあるはずです。ただ、ただの氷が入ったアイスコーヒー用のカップがないのです。

お酒などを割るための氷が入ったカップはあるのですが、それはアイスコーヒー用と書かれていない。同じ形状をしていますが、書かれている文字が違えばようとも違う。そんなもんなんですね。

初めての経験だったので、売り切れ男ってこともあるんだなぁと思いつつ近くのローソンで買うことにしました。セブンがセルフなのに対し、ローソンはレジで注文すると、店員さんが入れてカンターレがしてくれます。スタバやタリーズと同じタイプですね。さすが街カフェを歌っているだけはあります。店員さんの制服もバリスタを意識しているようですし。ガムシロップとミルクを希望したら両方入れた状態で出してくれました。後は飲むだけ。

セブン同様、100円という価格設定ですがいろいろ動いてくれることを考えれば、ローソンの方がお得感があります。「コンビニコーヒーでおいしいのはセブン、ローソンはカフェラテはおいしいが、コーヒーはやっぱセブン」と決めつけていましたが、ローソンのアイスコーヒーも普通においしかったです。今回の一件でローソンアイスコーヒーの株が急上昇したのでした。

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る