鳥取で世界コーヒーサミット開催。“コーヒーの聖地”として定着目指す

9月23日(金)〜10月2日(日)の10日間、鳥取県で「世界コーヒーサミット」が開催されます。主催は、鳥取のコーヒー文化やカフェ・喫茶店文化を広めることを目的に設立された「鳥取珈琲文化振興会」です。

同イベントは、10月1日の「コーヒーの日」にあわせ、鳥取を“コーヒーの聖地”として認知・定着化させることを目指したもの。全国のカフェが集い自慢のコーヒーを販売する「コーヒーに合う食べ物1グランプリ」、鳥取市内のカフェ・喫茶店を利用すると抽選で豪華景品がもらえる「とっとりコーヒーウィーク」、料理の鉄人・道場六三郎氏による講演会「日本料理とコーヒーについて」などを実施する予定です。

鳥取×コーヒーといえば、2015年5月、47都道府県で唯一出店していなかった鳥取にスターバックスコーヒーが初出店。全国的な注目を集め、平井伸治知事の「鳥取にはスタバは無いですけれども、日本一のスナバがあります」というコメントが話題になりました。

2016年1月には、鳥取市がコーヒーの支出金額で前年29位から全国1位(総務省「家計調査」)に躍進したそう。これを機に、コーヒーの聖地として売り出していこうとなったんですね。

イベントの概要は以下の通り。

▶期間:2016年9月23日(金)~10月2日(日)
▶主催:鳥取珈琲文化振興会
▶後援:鳥取県、鳥取市、全日本コーヒー協会、日本コーヒー文化学会、鳥取商工会議所、鳥取県商工会連合会、公益社団法人 鳥取青年会議所、新日本海新聞社、BSS山陰放送、日本海テレビ、山陰中央テレビ、公益財団法人 鳥取市文化財団・仁風閣
▶協力:UCC上島珈琲株式会社
▶関連リンク:http://www.tottori.coffee/
▶主な内容:
①「コーヒーの聖地とっとり」共同宣言(9月23日)
②コーヒーに合う食べ物1グランプリ(9月24日~25日)
③とっとりコーヒーウィーク(9月26日~10月2日)
④道場六三郎 講演会「日本料理とコーヒーについて」(10月2日)

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000010422.html

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
トップへ戻る