「♪やまもとゆうと!夢へと続く道!」履正社がヤクルト山田応援歌

甲子園の醍醐味の1つが応援合戦。ブラスバンド部の工夫を凝らした演奏は試合を盛り上げてくれます。

大会第8日となる8月14日の第4試合、実質決勝戦とまでいわれる好カード「大阪代表・履正社vs神奈川代表・横浜」が行われました。試合は5-1で履正社の勝利。8番打者・山本侑度(やまもとゆうと)が2回に決勝3ランホームランを放ちました。

彼の打席で使われる応援歌が、NPBを代表するスラッガーで去年トリプルスリー達成のヤクルト・山田哲人選手の応援歌です。「やまーだてつと」の部分を「やまもとゆうと」に替え、ブラバンで厚みを増した演奏は鳥肌モノでした。

履正社高校で甲子園出場経験もある山田哲人選手は現在ケガ療養中です。母校の勢いの後押しで復帰し、横浜高校出身の筒香選手との本塁打王対決を制してほしいと思います。(筆者はヤクルトファンなのです笑)

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る