17卒が就活に費やす時間は1日4.9h – アイデム調査

JOBRASS新卒を運営するアイデムは26日、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女631名を対象にした調査の結果を公表しました。

調査では、2016年4月1日時点の就職活動について複数項目を質問しました。調査結果の概要は以下の通りです。学業以上に就活への時間を費やしていることから、就活の忙しさがわかりますね。

◆現在のステータス
【主な活動】「準備活動段階」8.4%  「エントリー活動段階」45.3% 「面接・試験段階」34.9%
【各活動ステータスに到達した学生の割合】「エントリー活動段階」88.1% 「面接・試験段階」61.5%
6割の学生が面接・試験段階へ突入、前年に比べ早い進捗
◆1日の活動時間
「就職活動に費やす時間」は4.9時間で、前回調査(3月1日時点:3.7時間)から1.2時間の増加
「学業に費やす時間」は2.1時間で、前回調査(3月1日時点:2.5時間)から0.4時間の減少
◆会社説明会参加回数
「5~9回」20.0% 「10~14回」19.2% 「1~4回」16.5%
平均14.4回 前回調査(6.3回)から8.1回の増加
◆応募企業数
「10~29社」33.6% 「5~9社」19.4% 「1~4社」18.5%
平均18.5社 前年同月調査(23.0社)より4.5社少ない 前回調査(7.2社)から11.3社の増加
◆エントリーシート・履歴書提出企業数
「5~9社」31.7% 「10社以上」24.1% 「1~2社」16.7%
平均6.4社 前年同月調査(4.6社)より1.8社多い 前回調査(1.9社)から4.5社の大幅な増加
◆面接選考企業数
「5社以上」30.2% 「1社」20.9% 「2社」20.6%
平均3.5社 前年同月調査(平均2.6社)に比べ0.9社多い 前回調査(2.5社)から1.0社の増加
◆現在選考中の企業数
「1~2社」28.1% 「5~9社」21.9% 「3~4社」21.7%
平均5.0社 前回調査(2.5社)から2.5社の増加
◆就職活動の準備・対策
「就活ナビサイトへの登録」86.1% 「自己分析」60.9% 「インターンシップ」60.1%
◆就職活動の準備・対策で、利用した機関やツール
【自己分析】「就活ナビサイトに搭載されている情報・ツール」46.6%
【SPI等の適性検査対策】「関連書籍や雑誌」57.7%
【企業・業界研究】「就活ナビサイトに搭載されている情報・ツール」63.3%

≪企業選定の志向≫
◆企業規模に対する志向
「大企業志向」50.0% 「中小企業志向」26.6% 「企業の規模は全く意識していない」23.5%
◆志望業界
男性は「メーカー」「ソフトウェア・通信」「商社」
女性は「メーカー」「金融・証券・保険」「サービス」
◆志望職種
男女ともに上位は「事務・管理系」「営業系」「企画系」
◆働く上で大切にしたいもの
「働きやすさ」46.8%(-0.8)「仕事の内容」41.8%(-2.7)「給与の高さ」11.4%(+3.5)
※( )は、前年同月調査との差
◆合同企業説明会の参加目的
「多くの企業の説明を聞くため」69.3% 「色々な企業と出会うため」68.5%
「色々な業界を知るため」66.1% 「志望企業の情報を得るため」64.6%
◆合同企業説明会をきっかけに選考に進んだか
「エントリーをした」90.5% 「個別の会社説明会に参加した」82.4% 「採用選考に応募した」79.2%
◆会社説明会参加後に選考を受けなかったこと
「ある」73.0%
<選考を受けなかった理由>
「自分が思っていた仕事とは違いそうだったから」48.9%
「その企業と雰囲気が合わなそうだったから」47.5%
◆面接選考受験後に選考を辞退したこと
「ある」26.6%
<選考を辞退した理由>
「その企業と雰囲気が合わなそうだったから」34.0%
「もともと志望度があまり高くなかったから」31.9%

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000590.000002663.html

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る