住宅、教育、老後。人生の3大資金について – FP3級で学ぶお金の基本

お金に関する基礎知識を、ファイナンシャルプランナーの基本資格である「3級FP技能検定」から学ぶ本企画。第2回は、人生の3大資金、すなわち住宅資金教育資金老後資金について解説します。

住宅ローンの仕組み

住宅購入時の自己資金としては、一般的に物件価格の2〜3割は準備すべきだといいます。また、住宅購入時には物件価格以外にも、仲介手数料や印紙税、不動産所得税などが必要です。自己資金以外は住宅ローンを組むことになっており、住宅ローンの金利には固定金利変動金利があります。固定金利は、ローンを組んだ時の金利が返済終了まで変わらないもの。変動金利は、市場金利の変動に応じて変わるものです。固定金利選択型というタイプもあり、一定期間は固定金利で、金利が見直された際、変動金利または固定金利を選択できます。

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済元金均等返済があります。元利均等返済は毎回の返済額が一定、元金均等返済は、元金の返済額は一定で利息部分を上乗せしていくため、当初の返済額から返済期間の経過とともに返済額が減少していきます。総返済額は元金均等返済のほうが少なく済みます。

住宅ローンの種類

住宅ローンには、財形住宅融資関連リンク)などの公的住宅ローン、銀行や保険会社が取り扱う民間住宅ローンがあります。民間金融機関と住宅金融支援機構との提携によるフラット35関連リンク)は、最長35年長期固定金利の住宅ローンです。

教育ローンと奨学金

教育ローンにも、公的ローンと民間ローンがあります。公的な融資としては、教育一般貸付(国の教育ローン)関連リンク)が代表的なものの一つです。また、奨学金として有名なのが日本学生支援機構のもので、無利子の第一種奨学金、有利子の第二種奨学金があります。

老後資金

収入が減少する老後は計画的な資金運用が必要です。現役を退く前、早くからの準備が必要となるでしょう。

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る