若桜鉄道 – SLに会えるのどかな山あいの路線【鉄道図鑑】

概要

郡家から若狭までの19.2キロを営業運転する若狭鉄道若桜線は、旧国鉄からの継承路線です。全区間が非電化路線となっており、ディーゼルカーにより運行されています。2014年には、一般公募による社長が誕生し、話題を集めました。

名物の蒸気機関車

蒸気機関車C12型機関車が配属されており、観光用として運転するために動態保存されているほか、若狭駅構内の展示運転もされています。将来的には本線での運転を目標としているようで、募金もつのっています。JR四国から12系の中古の観光用客車も配属されていて、SLファン期待の鉄道です。

枕木オーナーになれる

若狭鉄道では、枕木オーナーを一口から募集しており、オーナーになると、オーナープレートが3年間設置される特典もつきます。また、お得な1日フリー乗車券やファミリー乗車券なども販売。蒸気機関車とDD13型気動車の体験運転も実施され、鉄道ファンには人気企画となっています。

http://www.infosakyu.ne.jp/wakatetu/index.html

guestwriter
当記事はゲストライターにより執筆されました。Webマガジン・Thirdでは、記事の企画・執筆を担当するゲストライターを募集しています。詳細は「お問い合わせ」から。
スポンサーリンク
1
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る