4インチ画面のWindows 10 Mobileスマホ「WPJ40-10」を買いました

1万円台の格安スマホ「WPJ40-10」を買いました。というのも、引っ越しに伴いモバイルWi-Fiルーターが必要となり、「どうせ買うなら格安simを使える小型の安いスマホでテザリングすればいいじゃん」と考えたからです。メインのiPhoneと2台持ちすることで便利に使えそうですし。

さて、WPJ40-10ですが、geanee(ジーニー)というブランドから2月5日に発売されたばかり。「安い」「小さい」「テザリング可」を条件としていた自分は家電量販店で一目惚れ。テザリングに関しては、「未公表」としていましたが、ネット情報によれば「モバイルホットスポット」という機能として提供されているそう。動作保証されていないリスクはありましたが思い切って購入してみました。購入価格は1万3820円(税込)で、色はブラック/ホワイトの2色からホワイトを選びました。

自分はほとんど気にしていませんでしたが、同端末の1番の特徴は「Windows 10 Mobile」搭載であること。スマホといったらiOSかAndroidだろう、という世の中で、第3のスマホOSとして普及しようとPC界を牽引するMicrosoftが頑張っているやつです。最近では、搭載する機種も増えてきているようですね。あまり詳しくないですが、ミーハーな自分は「いっちょこの波に乗ったるか!」って感じです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

とりあえず画像を何枚か撮ったのでスライドショーで載せておきます。個人的には、サイズと形状から、昔使ってたiPhone 4Sを思い出しました。同時に、当時の生活ぶりを思い出してノスタルジックな気分になったりもしました。そんなWPJ40-10ですが、ある程度使ったら改めてレビューしてみたいと思います。

→レビュー書きました(2016/12/06)

WPJ40-10レビュー。テザリング専用のサブ機ならいいかも
WPJ40-10レビュー。テザリング専用のサブ機ならいいかも
WPJ40-10を買ってから10ヵ月経ちました。メイン機はソフトバンク契約のiPhone6。主にテザ...

http://geanee.jp/products/wpj40-10.html

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る