地域価値向上のためのシェア型複合ホテルプロジェクト「THE SHARE HOTELS」、1号店は金沢

リノベーション事業を手がけるリビタは、新プロジェクト「THE SHARE HOTELS」を本格始動しました。このプロジェクトは、全国各地の老朽化した遊休不動産(オフィスビルなど)をリノベーションし、宿泊施設、飲食店、シェアスペースなどで構成する「シェア型複合ホテル」へ再生する、というものです。

まずは今年3月、金沢に1号店「HATCHi 金沢」(ハッチ カナザワ)をオープン。その後、京都や東京、北海道など、全国各地に開業を予定しています。

同プロジェクトでは、「日本の未来が宿る場。をつくる」をコンセプトに、地域価値が向上するための活動の原動力となる場の創造を目指します。空間や物だけでなく、地域内外の多様な人々のアイデアや知識、ライフスタイルや価値観をシェアする場とし、その地域の資源や魅力的なコンテンツ、価値を再発掘する活動のきっかけとしての場を提供。地域における起点・架け橋となり、「日本の未来は地域(ローカル)にこそ宿る」の精神を伝えていくそうです。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000008644.html

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る