2015年、首都圏の賃貸における人気の駅と沿線は「荻窪」と「中央線」 – オウチーノ調べ

オウチーノ総研は、住宅・不動産サイト「O-uccino」賃貸サイトの、2015年1月1日から2015年12月31日のアクセス数をもとに、「2015年、人気の高かった駅・沿線ランキング[賃貸/首都圏編]」を作成しました。

その結果、首都圏の人気第1位は「荻窪駅」、次いで「目黒駅」、「武蔵小杉駅」が続きました。沿線ランキングは、「JR中央線」が第1位。第2位は「JR山手線」、第3位は「JR総武線」と都心を走るJR線がトップを独占する結果となりました。

駅では、利便性と文化的な雰囲気を兼ね備えた「荻窪」が人気なようです。中央線のほか、メトロ丸ノ内線の始発駅でもあるので、交通の便もいいですよね。目黒、武蔵小杉は相変わらずの人気で、トップ10をみると4位赤羽、5位北千住と交通の利がいい、シブめの駅も入ってます。意外なのは住みたい街不動の1位、吉祥寺がトップ10外だったことでしょうか。第11位だったそうです。

沿線では、通勤・通学の大動脈ながら、イメージもいい「中央線」。駅で「荻窪」が1位になったのと同じような理由の気がします。4位まではJRとなっており、5位以下は、小田急、東急東横、京王、東急田園都市、東武東上、西武池袋と私鉄が続いています。

賃貸サイトのアクセス数をもとにしていることから、学生をはじめとする若者が主な調査対象になっていそうです。となると、イメージと家賃の安さが重要視されるのでは。そう考えれば、中央線人気や、中央線でもカップル、ファミリー層に受けそうな吉祥寺が入っていないことにも納得がいくかも。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000014097.html

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
トップへ戻る