江ノ電 – 湘南と古都を結ぶ大人気路線【鉄道図鑑】

IMGP0202

概要

1902年(明治35年)に、藤沢-片瀬(現在の江ノ島)間を開業。1910年(明治43年)には、小町(後の鎌倉で現在は廃止)まで延伸されています。藤沢から江ノ島、湘南の海沿いを経由し、古都・鎌倉まで走る営業距離10kmの路線です。

スポンサーリンク
1

ザ・湘南が味わえる「鎌倉高校前駅」

IMGP0210

関東の駅百選にも選ばれた、七里ヶ浜の海を見渡せる駅です。ホームから広がる光景はまさに湘南。駅の周辺は、アニメやゲーム、ドラマなどのモチーフになることも多いです。有名どころでいうと、スラムダンク。駅名にある「鎌倉高校」は、陵南高校のモデルとされています。

有名作品に登場する「極楽寺駅」

駅の近くには紫陽花で有名な成就院があり、紫陽花の季節になると、大変混雑します。フジテレビドラマ「最後から二番目の恋」(小泉今日子、中井貴一)、映画「海街diary」(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず)では、登場人物が通学・通勤に利用する最寄駅となっています。

有料エスカレーター「エスカー」

escar_visual

沿線の中心観光地である江の島。江の島を象徴する展望灯台「江の島シーキャンドル」と、江の島を登る有料エスカレーター「江の島エスカー」は江ノ電が運営しています。エスカーはいくつかの区間に分かれていますが、全区間利用での大人料金は360円。駅やデパートで当たり前のように使っているエスカレーターですから、「エスカレーター乗るのに金取るのか!」とも思ってしまいますね(笑)もちろん、使わなくても参道を徒歩で登れます。話題作りには乗ってみるのも面白いかもしれません。

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
トップへ戻る