怖い?きもい?気になるゆるキャラまとめ2015 – 北海道編

地域をゆるーく盛り上げるゆるキャラ。年に1度、そんなゆるキャラたちが競い合うイベント「ゆるキャラグランプリ」が開催されます。ゆるキャラグランプリ2015は、11月23日に結果が発表され、静岡県浜松市の「出世大名家康くん」がグランプリに。ただ、全国から多数のゆるキャラたちがエントリーした同イベントには、知名度が高くかわいいキャラのほか、ツッコミどころ満載、色んな意味で気になるキャラクター達が埋もれていました。今回は北海道地区からエントリーしていた“気になる”ゆるキャラをご紹介します。

ずーしーほっきー

2016年3月に北海道新幹線「新函館北斗駅」が開業する北斗市のキャラ。“可愛さよりキモさが売り”だそうです。

てるひこ

函館が生んだ名バンド「GLAY」のことが大好きらしいです。函館の非公式キャラ。

臼子ねぇさん


浦臼町のキャラ。ゆるくない妖艶な魅力があります。

シスト男爵


むかわ町で開催している街歩き宝探しゲーム「むかわ町シスト」の公式キャラ。顔のウネウネは町に存在すると噂のアンモナイトをモチーフにしたそう。

色んな意味で気になってしまうゆるキャラが勢揃いしてますね。もはや何でもありの世界です。ちなみに、ゆるキャラグランプリ2016は、2016年5月9日よりエントリーが開始されます!

参考リンク&画像出典

http://www.yurugp.jp/

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
トップへ戻る