【訪問記】Share! Share! Share! – シェアサービスの祭典が初開催!

11月29日に表参道のCOMMUNE246で開催されたイベント「Share! Share! Share!」(関連記事)に立ち寄ってみました。ほんの少しだけだったのですが、雰囲気は味わえた気がします。

まず、会場に入ってみて思ったのは、「身動きがとれないほど人が多い」ということです。日曜の表参道ですので、予定を空けていた人以外に通りすがりの人も多かったかもしれません。路上では同イベントのパンフレットを配っているスタッフもいました。

IMGP3552

大勢の人で賑わっていました。ご飯も買って食べられるため文化祭感覚

イベントでは、ファッションフリマアプリ「フリル」が人気のハンドメイド作品を展示していたり、スキルをシェアするオンラインマーケット「ココナラ」のユーザーが占いや相談サービスを提供していました。シェアリングエコノミー関連のサービスを展開する企業が交流スペースや体験ブースを設けており、企業とシェアを実践する“シェアラー“や興味をもつ個人がつながる場となっていました。

会場の中心にあるメインステージにおいては、各企業が色々なシェアの形をプレゼンテーション。住まいのシェアから、子育てのシェアまで、様々なプレゼンが実施されました。

プレゼンの聴講者も満員

ステージには様々な人が登壇。聴講者も満員

「所有からシェアへ」という考え方は、合理的であると同時に多くの人とつながる機会も生み出します。情報感度の高い人が集まる表参道で開かれた今回のイベントも、人と人の新たな交流を生み出す場になったほか、今後広まっていくであろう「「シェアリングエコノミー」という概念に触れるいいきっかけにもなったと思います。

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る