クリエイター向けコワーキングスペース「マテリアル京都」12月7日オープン

ロフトワークは、クリエイター向けコワーキングスペース「MTRL KYOTO(マテリアル京都)」を12月7日(月)、京都市下京区にオープンするそうです。

MTRL KYOTOでは、国内外から集めたユニークな「素材(マテリアル)」と、3Dプリンターやレーザーカッターといったデジタルファブリケーションを常設。京都で活動するクリエイターに新しいインスピレーションを提供します。

誰でも気軽に利用できるドロップインスタイルとなっており、入会料・登録料は無料、当日飛び込みでも使えます。個人でのデスクワーク、ミーティング、共同制作など、多目的ワークスペースとして、オフィスや街のカフェとは異なるクリエイティブワークに最適な環境となっているとのこと。

ドロップイン利用料金は、45分/500円(コーヒー1杯つき)で、45分以降、1分/10円。また、1日使い放題野場合は1800円です。60席(1Fガレージ30席 2Fテラス10席 2Fラウンジ20席)を用意するほか、カフェカウンターではスペシャリティコーヒーを飲めます。(¥300〜)

電源・Wi-Fiの環境はもちろん、、大型ディスプレイ、プリンタ(有料)、プロトタイプ素材(有料)、3Dプリンター(MakerBot Replicator 2X)、レーザーカッター(rayjet)、CNCフライス(KitMill Qt100)、刺繍ミシンといった豊富な設備を用意。12月7日〜2016年1月31日までは、利用料金を半額にするキャンペーンが実施されています。

3Dプリンターを試してみたい、みたいな人も気軽に立ち寄れますね。

参考リンク

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る