椿森コムナが千葉市にオープン、キッチンカーやタイニーハウスが集うコミュニティスペース

d11312-4-453753-9

ツリーハウス2棟、可動式タイニーハウス(小屋)2棟、エアストリーム(キッチンカー)、ハンモックスペースを集めたカフェ&コミュニティスペース「椿森コムナ」が10月31日(土)、JR千葉駅より徒歩9分、千葉市を代表する千葉公園の目の前に残された森にオープンしました。

椿森コムナは、「ツリーハウスの街による環境保全活動」によりグッドデザイン賞を受賞した拓匠開発が手がける新しいプロジェクト。全米で住みたい街No.1のポートランド(アメリカオレゴン州)の「人と環境にやさしい街」を参考に企画、設計を行い、地域にある遊休地、建設現場からの廃材、解体現場からの廃材、造成活動のために伐採された樹木などの、身の回りにある“もったいない”を有効利用したといいます。

素材にこだわったオーガニックコーヒーやアサイーなど美容・健康にいいドリンクやフードを提供するカフェスペース、自家製ソーセージ、燻製、ヨガ、クリスマスリース作りなど季節に合わせたワークショップ・イベントスペースを設けることで、朝は千葉公園で体操を終えた高齢者の方々、昼はお子様と送り迎えを終えたママ友たちなどが集い、子供から大人まで誰もが楽しく集える空間を目指すそうです。

椿森コムナの「komuna」とは、人工言語エスペラント語で「common(共有)」という意味。様々な人々が思い出を共有する場になることによって、地域全体の活性化を図るといいます。

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る