広島で「小商い」、若者向けの移住促進イベントが開催

広島県では、地方移住や地方での活動に関心を持つ若年層等が対象に、広島での「小商い」活動の機会を提供し、広島らしいライフスタイルを体験するイベント「広島小商いメッセin海の街・山の街」を初開催します。期間は11月6〜8日(日)で、開催場所は呉市豊町御手洗の重伝建地区です。

同イベントでは、県内約50名、県外約16名の「小商い」実践者が集結し、手作り雑貨や古本の販売、地域ゆかりの多彩なイベントを開催。「小商い」の体験や、地域の人や来場者と交流できる場を、広島移住を検討中の人に提供することで、移住後の活動イメージ確立に役立ててもらうといいます。

昨今、「大好きなことを仕事にして続けていく『小商い』を地方に移住して実現させたい」人が首都圏の若者を中心に増えているそう。同イベントは、単なるモノやサービスのやり取りだけではなく、商いを通した「コミュニケーション」を地域で生み出そうという試みです。


参考リンク

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る