長野県・富士見町のシェアオフィス、八ヶ岳の麓でテレワーク

八ヶ岳の麓ののどかな山小屋で働く。そんな「富士見町テレワークタウン計画」が長野県ではじまっています。

同計画の背景には、2014年10月に行われた内閣府の世論調査結果があります。調査では、「都市部から地方への移住を検討・希望」する人が40%に達し、20代~30代を中心に、ライフスタイルや仕事の仕方における意識の変化、および地方への移住ニーズが高まってきていることが分かりました。そこで富士見町は、地方での新しいビジネススタイルを提案すべく、「富士見町テレワークタウン計画」を開始したそうです。

東京から電車/車で約2時間半の長野県富士見町にて、長年利用されていなかった山小屋を改装。自然と共生しながら働くことができる、複合型ビジネス交流施設がオープンします。

施設は2015年12月に完成予定。11月2日まで、入居する企業や個人を募っているようです。

参考リンク

長野県富士見町テレワークタウン計画・オフィス施設参加事業主募集
Route Design合同会社のプレスリリース(2015年9月29日 16時20分)長野県富士見町テレワークタウン計画・オフィス施設参加事業主募集
Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る