出勤0日でも給料、勤務時間も場所も決められる、そんな完全自律型勤務の実現へ

インターネットサービスを展開する株式会社オズビジョンは“完全自律型勤務”を実現するための実験を開始したそうです。

同社はこれまでより「休日に加えて年次有給休暇30日を全社員に付与する」など社員それぞれの自律した働き方に向けた施策を模索。今回、具体的に
・最低労働時間の撤廃:たとえば1日の出勤・勤務が0時間でも欠勤扱いとしない。
・休日の自主選択:いつ休むのかは本人が決める。上長の承認も必要ない。※ただし法定休日は日曜日とし、原則日曜日は休みとする。
・固定給の保証:たとえば1カ月の出勤・勤務が0日であっても、契約した固定給、固定手当(通勤費等)は全額支払われる。
・遅刻・早退の撤廃:何時に出社しても、何時に退社しても遅刻、早退扱いはせず、賃金からの減額等はしない。
・勤務場所の指定の撤廃:オフィスでも、自宅でも、その他集中して仕事をする場として本人が定めた場所であれば、どこで仕事をしても勤務とみなす。
・自主申請:勤務時間や場所、休日等の各種申請は、インターネットによる管理システムに、自主的に入力すればそれで周知したものとする。
といったことを実施するといいます。

トライアル期間として、2015年11月末まで行われるこの取り組み。どういう結果が得られるのか楽しみです。

参考リンク

時間と場所を制限しない勤務形態をトライアル
Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る