学生時代の友人、女性の方が大切にすることが調査で明らかに

リサーチ・アンド・ディベロプメントは、18~79 歳の首都圏の一般生活者を対象にした調査から、男女で異なる友人づきあいに関するデータを紹介しています。

男性のデータでは、「学生時代の友人」とのおつきあいは30代、40代で減少し、「職場・仕事関係の友人」とのおつきあいが増加。「最も大切なおつきあい」も50代で「学生時代の友人」と「職場・仕事関係の友人」が逆転することが明らかに。一方、女性はふだんのおつきあいも、最も大切なおつきあいも、50代まで「学生時代の友人」だったといいます。

これについて同社は、

男性は30代以降、社会人としてのキャリアを積む年代で「学生時代の友人」とは急激に疎遠になり、代わりに普段会う頻度の高い 「職場・仕事関係の友人」とのつきあいが多くなります。「最も大切なつきあい」でも、管理的な立場となる50代では「職場・仕事関係の友人とのつきあい」がトップとなり、多くの時間苦楽をともにした仕事仲間が名実ともに大切なつきあいとなっていくようです。一方女性は子育て期でも、普段会う「子どもを通じた友人」とのつきあいもしつつ、普段なかなか会えない「学生時代の友人とのつきあい」も連綿と続けているようです。女性はつきあう相手が変わるのではなく、ライフステージごとに増やしている様子が窺えます。

と分析。

確かに、女性の方がコミュニティを重んじる傾向にある気がします。男性の方が特定のグループに依存せずサバサバしてるかも。


参考リンク
男女で異なる友人づきあい | R&D-生活者インサイトに強いマーケティングリサーチ会社

Minto
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る