【コラム】縁側は理想的なサードプレイス

田舎の家に多くある縁側。今ではアニメのサザエさんでしか見ないという人も多いでしょう。

縁側は、暖かな休日の午後に昼寝をしたり、お茶を飲んだり、くつろぎや団らんの象徴でもあります。外からも見える縁側は、通りがけの人との交流が生まれたりもします。

近代の家はプライバシーを重視するため、ご近所づきあいなどが軽視された間取りになっています。そのため、縁側も減っているといえます。家の外に縁側をつくる動き、これが近年の「コミュニティデザイン」の考え方だと思います。

縁側こそ、日本人にとって理想のサードプレイスといえるでしょう。古き良き縁側が再び流行する日も近いかもしれません。

Minoru Sato
ゆるく生きたい20代男。編プロからライター活動を開始し、旅やITなど幅広い分野で執筆中。
スポンサーリンク
1
1
スポンサーリンク
1
トップへ戻る